薬剤師アルバイトは高時給!

薬剤師求人 → 病院薬剤師として働く場合、副業は可能?

病院薬剤師として働く場合、副業は可能?

薬剤師として活躍できる職場はたくさんありますが、病院薬剤師はキャリアアップのために選択する人も多いようです。 しかし、病院薬剤師として働いている人の中には安い給料に悩んでしまう人もいるようです。

薬剤師が働ける職場の中では、ドラッグストアが非常に高収入であるとして知られていますが、病院で働く場合は残念ながらあまり高収入は期待できません。 サラリーマンなどの場合、給料だけでは生活していくのが難しいと副業をすることがありますよね。 パート勤務をしている主婦の中にも副業を実践する人が増えているそうです。

薬剤師の場合も同じで、病院薬剤師としての給料だけでは不安があるという理由から、副業をしている人も珍しくないようです。しかし、注意しておかなければならないことがあります。

それは、病院側がの規則で副業が禁止されている場合があるということです。 その規則を無視して副業を始めてしまった場合、当然罰則を受けなければならない可能性も出てきます。

場合によっては即解雇ということも考えられるわけなので、病院薬剤師として働きながら副業をしようと思っている人は、先に自分が働いている職場で副業が禁止されていないか確認しておきましょう。

業務規定を熟読しても副業についての規定がよく分からない場合は、直属の上司に確認を取ったほうがいいです。どうせバレないだろうと甘い考えで始めてしまうのはよくありません。 副業が禁止されていなかった場合の副業先についてですが、これはドラッグストアや調剤薬局以外の薬局などが人気です。

短時間のアルバイトでも高い時給が期待できるので、本業の収入だけではやっていけないという人も薬剤師の資格を活かして効率よく稼いでみましょう。 スーパーやコンビニのバイトではなかなか短時間で高収入を得ることはできませんが、薬剤師の資格を持っていればそれが可能になるのです。

ただ、副業が忙しいあまりに本業でミスを犯してしまったというケースもあるので、自分の体力と相談しながら副業を考えることが大切です。