病院で働く薬剤師の勤務環境はどう?

薬剤師求人 → 病院薬剤師の休みについて

病院薬剤師の休みについて

病院薬剤師として働く場合、ドラッグストアや調剤薬局の薬剤師として働くのとは少し休日事情が違います。入院施設がある病院で働く場合は、365日24時間体制で業務を行っていく必要がありますよね。

患者さんが急変してしまった際などには薬剤師も忙しく動くことになります。 夜勤の時間帯や休日は、最低限の人数で仕事を行うことも多いのですが、こういった時に不測の事態が起きてしまうと、どうしても忙しく動かなければなりません。

また、休日や祝日の他、当直の薬剤師として働く場合、全ての薬剤師業務を一人で担当しなければならないケースが非常に多いです。当然のことながらあまり経験がない状態で突然一人で全てを任されてしまうということはありませんが、責任感が強い人でなければ病院薬剤師は務まらないと思っておいたほうがいいです。

もちろん、病院で働く場合は絶対に休日出勤をしなければならないというわけではありません。 月に2~3回程度の休日出勤となる場合が多いようですが、これは各病院のシステムや働いている薬剤師の数によっても異なるので、面接の際によく確認しておく必要があるでしょう。

状況によっては休日に呼び出されてしまうこともあるようなので、休みの日はしっかり休みたいと思っているのであれば、病院以外の職場を選択しておいたほうがいいですね。

転職活動をする際に、休みが取れやすいかどうかという点を重視しながら求人をチェックする場合は、転職支援サイトを活用したほうがいいです。 というのも、病院の求人情報の中には、休日がしっかり取れると書かれているものの実際に働き始めるとなかなか休みが取れないようなところも存在するからです。

薬剤師専門の転職支援サイトを活用すれば、各求人情報の裏事情もコンサルタントが教えてくれるので、自分が希望する休みの条件に合った職場を見つけやすくなります。 働き始めてからこんなはずじゃなかったと後悔することがないように、転職活動は慎重に行いましょう。