病院薬剤師のメイン業務、服薬指導について

薬剤師求人 → 病院薬剤師が行う服薬指導とは?

病院薬剤師が行う服薬指導とは?

薬剤師の仕事といえば薬に関するものが主な業務となりますが、病院薬剤師が担当する重要な業務のひとつに名服薬指導というものがあります。これはその名の通り、服薬に関する指導のことですね。 投薬や注射など、病院では様々な場面で薬に接することになります。

患者さんに処方をする薬にはどのような効果・副作用があるのかをわかりやすく説明するというのも非常に大切な仕事です。

患者さんの中には病院での治療に不安を感じている人もいるため、薬について詳しく説明を求められることもあるでしょう。病院薬剤師として働く場合、患者さんが不安を感じることなく治療に取り組むため、患者さんひとりひとりに合わせた服薬指導が求められます。

薬といっても、飲みすぎてしまったり、飲む時間帯を間違えてしまうと悪い働きが出てしまうものもありますよね。そういったことがないように、正しい飲み方・量を患者さんに伝え、理解してもらわなければなりません。

また、患者さんに服薬指導をする際には、コミュニケーション能力も求められます。 質問しにくい雰囲気の薬剤師だと、患者さんも聴きたいことを質問することができず、不安を抱えながら治療を進めていくことになってしまうでしょう。

そのため、病院薬剤師として働く場合は、調剤薬局よりも高いコミュニケーション能力が求められると言えます。また、服薬指導は正しい薬の飲み方を伝えるだけの業務ではありません。 特に高齢の患者さんの場合、錠剤が大きいと飲みにくかったりしますよね。

患者さんから薬が飲みにくいと言われた場合には対応策を考える必要があるので、ただ薬に関する正しい知識があれば病院薬剤師が務まるとはいえないでしょう。

それに、高齢の患者さんの中には耳が遠くて薬に関する説明が聞き取れない人もいるので、ひとりひとりに合わせた対応をしていかなければなりません。患者さんが安心して治療に取り組んでいくために欠かせない業務を担当することになるわけなので、やりがいも大きいです。