病院薬剤師に憧れている方は多いです!

薬剤師求人 → 病院薬剤師のやりがい・魅力とは?

病院薬剤師のやりがい・魅力とは?

病院の薬剤師は、ドラッグストアなどで働くのに比べて年収が低く、忙しいと言われることが多いです。 薬剤師全体のうち、どれくらいの人が病院で働いているのかというと、これは約20%弱だと言われています。

最も多いのが調剤薬局での仕事となりますが、病院での仕事は調剤薬局の業務に比べて多忙となることも多く、ストレスを感じてしまうことも多いようです。中には、病院薬剤師として働き始めたものの、忙しさについていくことができずにすぐに辞めてしまったという人もいます。

しかし、そんな病院薬剤師には、他の職場にないような魅力もあるのです。

まず、医療の分野で最先端の深い知識を得ることができるという点です。 病院ではチーム医療が行われていますが、こういったことはドラッグストアや調剤薬局では経験することができませんよね。

病院で働くからこそチーム医療の大切さを身を持って実感することができるのです。 また、病院の薬剤師として働く場合、ミーティングや勉強会といった知識向上の場へも参加することができます。

これも他の職場ではなかなか難しいことであるため、薬剤師として上を目指したいと思っている人にとって病院は最適な職場だと言えるでしょう。患者さんと向き合う機会も多いので、患者さんの生の声を聴きながら医療や薬剤について考えることもできます。

そのため、患者さんから非常に頼りにされることが多く、そこにやりがいを感じている人も多いようです。ただ、逆に言えばこういった点に魅力を感じることができない人の場合、病院で働くのはあまりおすすめできません。

先に紹介したように、他の職場と比べても決して給料がいいとは言えないので、薬剤師として常に向上心を持って仕事に取り組める人でなければ病院薬剤師を続けていくことは難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

まずは病院薬剤師としての仕事内容を正しく把握し、自分に合っているのかどうかを考えることから始めてみてはどうでしょうか。